元ニート中卒派遣30代ブサメン童貞のブログ

みんなが存在に疑問を感じている「元ニート、中卒、派遣、30歳超えのブサメン童貞」が実際に生息し、そして「どうやって生きてるか」を晒していくブログ

はてなブログはじめました

はてなダイアリーは怖い

あそこにいる人たちはとても頭がよさそうなので、低学歴な僕はもっと緩そうなはてなブログでお世話になろうと思います。いじめないでください。仲よくやろうよ。

用途は備忘録

ただでさえ怪しかった記憶力ですが、30歳を超えると顕著な鈍りを実感します。若いころは新しい事柄がポッと出てきても、スッと頭の中に入っていきます。若さってすごい。でも、今は違います。新しい事柄はすでに頭の中で確率された過去の事柄たちと意識的に結びつけて覚えないと、あっという間に忘れます。あっ。基本的に物事を記憶するときの脳内の処理は、若いころと、そうでないときとで大きな違いはないはずです。若いころだって何かを記憶しようとしていたとき、同じような処理をおこなっていたはず。ただ無意識だっただけです。怖いね、若さって。はてなダイアリーと同じくらい怖いね。

もっとも、そのこと以外に単純に脳の瞬発力が落ちているのも大きいです。たとえば今から僕が社会学の勉強をするとします。「エスノメソドロジー」という単語を目にしました。間違いなく、あしたには忘れてます。メスのドロシー?プリパラか?「エスノ〜」はエスノセントリズムと同じ接頭語か?うーん……。はい、残念!忘れた!!いま忘れたよ!!!エスノメスドロシーのこと忘れたよ!!!!今の僕の脳内には「エスノメソドロジー」という単語に結びつくものは何もありません。僕はこのような雑多な単語を眺めるのが好きで、寝る前はベッドに入ってWikipediaを読みながら落ちます。「睡眠前に学習するとよい」とかなんとかいうデマ説もあって、今の僕の知識量は博士か大臣レベルであるべきだと思いますが、実際は中卒レベルです。学歴的には何も間違っていないですが、べつに学歴レベルにとどまる必要はないはずです。

あさって行く場所は、降りたことがある駅の、使ったことがある改札を出て、通ったことがある大通りを東に向かって歩いて、見たことがあるビルを過ぎて2つめの信号を左に曲がった先、いちばん最初に見えるコンビニとファミレスが1階に入っているビルの14階。つまり、そういうこと。

きれいに日本語を書きたい

「きれいな日本語」じゃないです。「きれいな日本語」とか言ってる人は、その大体が「俺の考える最強に正しい日本語」を押しつける老害なので無視します。今の派遣が日本語をごにょごにょする系の仕事なので、仕事外でもなるべく日本語にふれていようと思ったこともブログをはじめたきっかけです。脳が衰えた分は体でカバーしようという脳筋作戦。最近ではLINEの送信メッセージが職場の仕様に準拠しています。でも、そういうもんですよね。

Markdownで遊びたい

あまり活かされてはいませんが、このエントリはMarkdownで記載しています。「HTMLを知らない僕でも、なんかそれっぽく見えるように書けるじゃんやっほーい」とか思っていましたが、その挙動を確認しながら書いていくと「大前提となるHTMLでの挙動を知らないと、アルファベットが記号に変わったくらいで、どのように表示されるかというイメージが全く湧かないままじゃんやだー」ということに気がつきました。覚える量が2倍に増えたね。ところで、「Markdownで記述できます」って就活時のアピールポイントにならないですかね。だめ?むしろ、HTMLできますって書いちゃだめ?

広告を非表示にする