元ニート中卒派遣30代ブサメン童貞のブログ

みんなが存在に疑問を感じている「元ニート、中卒、派遣、30歳超えのブサメン童貞」が実際に生息し、そして「どうやって生きてるか」を晒していくブログ

猿でもクリアできるロマサガ2日記その15 〜コムルーン海峡踏破編〜

ブログの先頭に特定記事を表示させてみました。新機能だそう。

エンリケ皇帝(1061)

アバロン

f:id:design1983:20180426204820p:plain
陣形
ラピッドストリーム

格闘家に「滅べ、滅べ!」言ってたら、自分が滅びちゃったでござる。ビーバー帝が不慮の事故に遭い、次期皇帝に武装商船団エンリケ・イグレシアスが即位しました。目的はもちろんラピストことラピッドストリームの取得ロマサガ2ではアマゾンストライクと並ぶチート陣形として評価が高いラピッドストリームは必ず先制攻撃できる、行動順が固定できるという強大なメリットを持ちますが、先制攻撃後はスタン状態になるので盾・ガーダーの発動不可、カウンター系の技も発動不可に加え、全員の素早さが-2ダウンというデメリットも同居する陣形です。

先制攻撃するのに素早さダウンってどういうこと?体術はダメージ計算式に素早さの値を含むので、素早さが下がると与ダメも減少してしまいます。なので、体術を使いたいキャラクターには不向きな陣形。逆に必ず先制できるので、ありったけの重装備を整えて被ダメ減少を狙いつつ先制攻撃、速攻で敵を殲滅するという戦法が理想的。腕力が高いけど鈍足なサラマンダーやインペリアルガード♂♀、聖騎士の盾という重量4の置物固有装備を持つホーリーオーダー♂♀に適している陣形です。

ダメージ = ([(腕+早)×効果値×(威力-1)÷8] + MAX(腕-10, 0) × (効果値+威力)+誤差-防御×5) × 回数

ロマンシング サ・ガ2 - ダメージ式について | カエル研究室

ただし先制攻撃後で倒せなかった場合、ほぼ確実に何らかのダメージ、状態異常を受けます。そして先制攻撃で倒せない敵 = ボスレベルの強敵という方程式、これが大きすぎるデメリット。陣形効果は全員が生存していなければ効力を発揮しないので、1人でも気絶していると素早さは大きく減ったまま = 敵に先手をとられやすい&敵の攻撃は回避しにくいという状況に追い込まれ、一刻も早い陣形復帰を優先しなければならず、攻撃もままならなくなります。そうこうしている間にも敵の攻撃を受け続けニッチもサッチもいかないまま全滅、なんてことになりかねません。

大きなデメリットになる行動後スタンも防御系の術を先制で唱えることで多少は補うことが可能ですが、そのために毎ターン同じ術を唱え続けるメンバーが1人は必要になります。陣形効果をキープし続けるために、また別に回復役が必要になり……となると、さらに攻撃役が減っていく。アマストと違い攻撃ボーナスは付与されないので、PT全体の火力低下は好ましいことではありません。

f:id:design1983:20180426211400p:plain
防御よりもスピード優先はダテじゃない

そういう意味では、とにかく先手必勝なロマサガ2にふさわしい陣形。ネットではやけに評価の高いラピストですが、相手関係によって何よりも強力に、そして何より貧弱にもなるように、一般的に思われているよりも癖がある陣形です。

ソーモン→ダグラス→フォーファー→コムルーン海峡→ツキジマ→ゼミオ

f:id:design1983:20180426205527p:plain
山口メンバーが消えて喜ぶ者に〜

収入
+200

さて復習。運河要塞をクリアするとカンバーランドのフラグが勃ち、ソーモンから船が出せるようになります。幸か不幸か、武装商船団イベント(と格闘家イベント)をクリアするだけではEPはまだ8未満。これでは年代ジャンプが発生しないので、カンバーランドが滅びてくれません。なので、カンバーランドへ内政干渉しに行きましょう。船でソーモンからダグラスへ渡り、街の人にアバロンの威光を見せつけ、フォーファーをマップに出します。フォーファーの街には船着き場があり、航路開拓のため難所といわれるコムルーン海峡に挑戦する船乗りを募集しています。ウチの皇帝、前前前世武装商船団やってたねん。とりあえずエントリーシートを出すと、いきなり海峡に挑まされます。戸塚ヨットスクールかな?

コムルーン海峡は渦潮が発生しており、踏破するためには渦潮に自ら飛び込み、その先にいる水棲系シンボルを相手に最低でも2回の戦闘が必要になります。渦潮は複数箇所に発生していて、不正解の渦潮に飛び込んでしまうと正解ルートを選択するまで何度でも飛び込むはめになります。文字で説明するよりマップを見たほうが早いので、正解ルートを知りたい人はググって、どうぞ。

無事に海峡を抜けると、そこはコムルーン島のツキジマだった。着いてしまえば航路開拓になり、以後は戦闘なしでフォーファー〜ツキジマ間の往来が可能に。着岸したら住民の島国根性を煽り、サラマンダーという亜人が住む街ゼミオをマップに出させます。ゼミオは灼熱の溶岩に覆われた街で、入り口付近にいるザリガニは「商人が石の船に乗ってやってくる……」と、うわごとを呟くロボットなので止めてあげましょう。

  1. ゼミオの溶岩に浮かべるため、事前にアバロンの倉庫から石船を引き出す
  2. 石船を運ぶことによる歩行速度の低下は、船で移動することにより解消
  3. 武装商船団皇帝のみコムルーン海峡に挑戦できる
  4. 航路を開拓すれば、以後は戦闘なしでコムルーン島へ
  5. 収入がこっそり+200

武装商船団を皇帝にするメリットはラピッドストリームだけじゃなかったんだよ!(ナ、ナンダッテー!!)メリットとデメリットを天秤に掛けると、このタイミングが一番お得なはず。またサラマットに行くのにも、航路開拓後はツキジマからムリエ行きの船に乗ればいいだけなので、面倒くさいステップやサバンナを省略できるのもいい感じ。ちなみに、カンバーランドのイベントをクリアしていないと発生しないと書かれているサイトもありますが、カンバーランドのイベント進行とは全くの無関係です。

カンバーランド?滅べ、滅べ!